Announcing: BahaiPrayers.net


More Books by Compilations

Centres of Baha'i Learning
Conservation of the Earth's Resources
Consultation
Importance of Art in Promoting the Faith
Importance of Obligatory Prayers and Fasting
Life and Death
Love
Music
One Common Faith - Study Guide
One Common Faith - Summary
One Common Faith
Spiritual Axis A Powerful Magnet (by Peter Khan)
The fund and contributions
War and Peace
Women
Free Interfaith Software

Web - Windows - iPhone








Compilations : One Common Faith - Study Guide
「ひとつの共通の信教」学習ガイド
概要
第1部:合理主義と物質主義は宗教的信仰の代わりにはなり得ず
第2部:物質主義を精神性・道徳性から引き離した結果
第3部:地球規模の統合の肯定的結果と否定的結果
第4部:世界の大宗教が現代性の挑戦を受ける
第5部:根本的な誤解とバハオラの反応
第6部:累進的啓示、それを理解できないことの結果
第7部:啓示・経典・宗教の一体性
第8部:聖典は時代に適切な方法で人類を文明化する
第9部:バハオラの原則は、道徳的な確信と信仰が背後にあって機能する
第10部:和合の力とその示唆するところ
第11部:「悪」は精神的な病――聖約の破壊の例
第12部:人類が直面する危機に対するバハイ共同体の反応
第13部:人類の歴史は「ひとつの共通の信教」へ導かれる救済のドラマ
大意

「ひとつの共通の信教」は、無用のも のとして放り去り、封をしてしまった誤った考えから宗教を解放し、その治癒の力を発揮させることを可能にするよう、バハイの人々に呼びかけている。宗教の 潜在能力を麻痺させてしまったものの中にあげられるのは、物質主義の概念で、これは、20世紀に行われた大規模な社会的実験を正当化するために用いられた。その物質主義の問題点が、この文書で指摘されている。(1)人間の理解の範囲を狭めてしまう。(2)自己過信である。(3)人間の精神を満足させられない。(4)道徳的発展を推進できない。

多くの人は宗教を求めているが、宗教 に関しては、あまりにも混乱しすぎているため、多くの者は宗教から遠ざかっている。過去の宗教は、互いに矛盾する理論により弱められてしまった。また、 「競争相手」を負かそうとする主張や、自分たちの宗教が特別であるという主張により、逆に弱められてしまった。また、場合によっては、そのような主張の内 容は、科学的発見や事実とも矛盾している。宗教と科学は、同じ実在性つまり真理を発見する二つのアプローチであり、矛盾する必要はない。全ての宗教には共 通のテーマがいくつかある。個人の魂の発達を可能にするというレベルでは、過去の宗教は全て、その効力は継続する。しかし、社会的な発展というレベルで は、過去の宗教は、現代社会では効力を失ってしまった。

精神的・社会的発展の媒介としての宗 教の潜在能力を発揮するには、和合が不可欠である。現代社会の病を癒す治癒法は、この日こそ、「約束された日」であることを全ての人が認識することであ り、バハオラの啓示こそが理知的魂の成熟を導く「精神的な遺伝子コード」であることを理解することである。つまり、「全世界を癒すための最高の薬、最も強力な手段として主が定めたもうたものは、ひとつの普遍的『大業』,ひとつの共通の『信教』における、人々の和合である。」

学習用の質疑
第1部

1.       人類が「信教」を受け入れる受容性が非常に高いと述べられている根拠は、どこにあるか?

2.       19-20世紀は、「宗教」に代わってどのような「信仰」が蔓延していたか?
3.       20世紀、人類の幸福の達成の方法はどのように定義されていたか?

4.      合理主義・物質主義の波に流されなかった人々は、主にどこに住んでいたか?また、彼らはどのような生活をしていたか?

5.       なぜ宗教ブームが復活したか?
6.       その他、精神的渇望を求めて、どのようなブームが栄えたか?
第2部:物質主義を精神性・道徳性から引き離した結果
7.       今後、精神性と宗教が勢いを増すであろうという推測の根拠はどこにあるか?

8.       物質主義及び物質主義的な実験は何故、正義と平和と繁栄をもたらすことができなかったか?

9.       物質主義の誤った考え方とは何か?
10.   「開発」が失敗に終わり、貧富の差が悪化したのは何故か、説明せよ。
11.    消費文化の落とし穴は何であったか?
12.   物質主義が大きな災いをもたらした、決定的な要因は何か?
第3部:地球規模の統合の肯定的結果と否定的結果
13.   地球規模の統合は、生活をどのように変えていったか?
14.   地球規模の統合は、どのようにして過去の誤った概念を弱め、変えていったか?
15.   世界市民権という概念は、いつごろから人類に浸透していったか?
16.   地球規模の統合は、どのようにして普遍的な騒乱をもたらしたか?
第4部:世界の大宗教が現代性の挑戦を受ける
17.   精神的な発展と文明の主な推進力は何であったか?例をあげよ。
18.   伝統的な宗教は何故、精神的再覚醒の中心的役割を担えないでいるのか?

19.   時代が変わり、世界が変わって、従来の宗教では十分な導きが見出せない現代社会の課題の例をあげよ。

20.  地球規模の統合が、伝統的宗教の復興の障壁となっているのは何故か?
21.   伝統的宗教が現在の人類の究極の導きとなりえない、もうひとつの理由は何か?
第5部:根本的な誤解とバハオラの反応

22.   現在の世界秩序に存在する概念にはどのような根本的過ちがあるか?それが、世界の改善にどのような影響を与えているか?

23.   現在、人々の多くは何を持って「宗教」としているか?
24.  バハオラは何故、神の本質を限定することが「自己欺瞞」であると述べておられるのか?
25.   神の顕示者たちの間に差異をつけることが何故、人間的な気まぐれに屈服することになるのか?
26.   神の啓示を通したら、どうやって神の属性を身につけることができるのか?
27.   「信仰を阻止すればそれに代わる崇拝の対象を創り出す」例をあげよ。
28.   「神の啓示は累進的であり、継続する」とはどういうことか、説明せよ。

29.   「バハイの人々は、この啓示に秘められた真理のほんの一部のみしか理解していないと考えるべきである」とすると、われわれはどのような態度でこの啓示に接するべきであろうか?

30.  神の存在を証明する証拠とは何か?
第6部:累進的啓示、それを理解できないことの結果
31.   「宗教はひとつである」という考えに対してよく出される反論をあげよ。
32.   宗教的慣習や教義の違いは、どこに原因があるか?

33.   宗教の教えに見られる、個人の行動に関する規範は、時代が経ても権威を失わない。これは、どのような現象を産み出すか?

34.  宗教の二つの役目を説明せよ。
35.   累進的啓示という概念は、新しい啓示の到来において何を示唆するか?

36.   聖職者が宗教を解釈する権威は、どのような弊害を生じたか?バハイ信教では、教えの解釈については、どのように対応されているか?

37.   「小麦とそら豆」の寓話の教訓を説明せよ。
38.   啓示が凍結し、道徳的生命力を失った解釈が出現した例をあげよ。
第7部:啓示・経典・宗教の一体性
39.   ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖典に一貫している共通のテーマとは何か?
40.  聖典によると、人類の創造の目的とは何か?
41.   聖典によると、創造の目的を理解する能力は、何に依存するか?
42.  聖典によると、神の啓示について何を知ることができるか?
43.  宗教との関係において、科学はどのような目的と役割があるか?
44.  神の顕示者たちの役割とは何か?
第8部:聖典は時代に適切な方法で人類を文明化する
45.  宗教的教えが社会の発展段階に応じて説かれている例をあげよ。

46.  初期のユダヤ教とイスラム教の試練とその後の文明の開化の歴史を簡単にまとめよ。キリスト教、仏教に関してはどうか?

47.  現代の標準からすると、過酷と思われる処罰の例を、過去の宗教の教えからあげよ。

48.  近代・現代社会で取り上げられてきた社会問題で、過去の宗教では直接触れられることのなかったものをあげよ。それでは過去、なぜ取り上げられることがなかったのか?

49.  時代の要求に応じて一時的な目的で説かれた教えを、目的が果たされた何世紀も何千年も後の社会に適応させようとする時に、どのような問題が生じうるか?人間の発達に当てはめて言えば、どうか?

第9部:バハオラの原則は、道徳的な確信と信仰が背後にあって機能する

50.  バハオラが教えを説かれた頃には非現実的で、可能性のない単なる理想論として片づけられえていたのに、現在では一般社会の多くの機関が受け入れている原則に、どのようなものがあげられるか?その歴史的背景を説明してみよ。

51.   しかし、一般社会における、そのような原則の採用にかけているものは何か?
52.   (51)で述べた欠乏している条件が、バハイ共同体内ではどのように満たされているか?
53.   バハイ共同体が出すことのできる、バハオラの使命の正当さを証明できるものは、何か?
第10部:和合の力とその示唆するところ
54.  バハオラの掲げておられる諸目標を達成できる力は、何か?

55.   (54)の答えは、どのように定義できるか?また、それはどのようにして確保することができるか?

56.   バハオラの使命の中心にあるものは、何か?バハイ共同体の背景に関するデータを述べよ。
57.   バハイ共同体の業績は、どのようにして達成されたか?

58.   バハイ信教は、過去150年の間、分裂や分派の危機にかかわらず、一体性を維持してきた。その歴史的例をあげよ。

第11部:「悪」は精神的な病――聖約の破壊の例

59.   社会的な「悪」の例をあげよ。一般社会で取り上げられるこれらの「悪」の記事や書籍に大部分かけている分析は、何か?

60.  人類全体としての不和は、どのような凶暴な行動の扉を開いたか?

61.   「悪」はどのように定義されているか?和合には何が必要条件であり、どのようにして可能となるか?

62.   神への不従順の中で最も破壊的な行為は、何と呼ばれるか?それを定義し、歴史的な例をあげよ。

63.   (62)の答えは、どのような時に生じるか?神の意思に従い、人類の安寧に献身的であることの試金石とは、何か?

第12部:人類が直面する危機に対するバハイ共同体の反応

64.  バハイ共同体は、世界に対して、何を証明する存在と言えるか?「関心のある人々の集まり」とは誰のことか?

65.   人類は、バハイ共同体に何を期待して当然と言えるか?したがって、バハイ共同体は、どうすべきなのか?

66.   (65)の挑戦に対する最も効果的な反応としてあげられるのは何か?それは何か、具体的に説明せよ。

67.   バハイ共同体にとって平行進行する二つの事業とは何か?探求者が視野を広める必要のある二つの事項とは何か?

68.   純粋な、そして究極の意味での「改宗」とは何を意味するか?
第13部:人類の歴史は「ひとつの共通の信教」へ導かれる救済のドラマ
69.   現代の顕著な特徴をあげ、説明せよ。
70.  聖典で語られている共通の目標とは何か?各聖典から引用してみよ。
71.   アダムからムハムマドまで続いた予言的な啓示の目的を二つあげよ。
72.   バハオラの啓示と、人間が考案した政治的・思想的事業の根本的違いは何か?
73.   世界の病を癒す最高の治癒薬とは何か?この段落の引用文を暗記せよ。
それでは今日、あなたには何ができますか?あるいは各地へ戻ってから?

Table of Contents: Albanian :Arabic :Belarusian :Bulgarian :Chinese_Simplified :Chinese_Traditional :Danish :Dutch :English :French :German :Hungarian :Italian :Japanese :Korean :Latvian :Norwegian :Persian :Polish :Portuguese :Romanian :Russian :Spanish :Swedish :Turkish :Ukrainian :