Announcing: BahaiPrayers.net


More Books by Proclamation of Baha'u'llah

To humanity on the whole
To religious leaders
To the elected members of parliaments
To the Kings and Rulers
Free Interfaith Software

Web - Windows - iPhone








Proclamation of Baha'u'llah : To humanity on the whole
人類への重大な告知

今 や、地上の人々や同胞たちに前もって定められていた時代が来たのである。神の約束は聖典に記載されている通り、すべて達成された。神の掟はシオン山から発 せられ、エルサレムとその丘や土地は神の啓示の栄光をもって満たされている。危難の時の救助者であり、自存し給う神の書物に示されていることを心の中で熟 考する人は幸せである。おお、神の寵愛を受ける人たちよ。神の恩恵と慈悲とによって、常に変わらぬ、水晶のように清らかな水を腹一杯に飲みほし、神の大業 に対して山のように確固不動のものとなれるよう、神の言葉に耳を傾け、注意を向けよ。

こ の日こそは人類が約束された御方の顔を見、その声を聞くことのできる時代である。神の呼びかけは発せられ、その御顔の光明は人類に向けられたのである。 従って、人は皆、自己の心の書よりあらゆる空虚な言葉の痕趾を消し去り、開かれた公平な心をもって彼の啓示のしるしを見、彼の使命の真を立証するものに向 かい、彼の栄光の証拠を見つめなければならない。この日は偉大である。すべての聖典はこの日を神の日と称し、その偉大さを称えている。神の予言者と聖なる 使者は皆、この素晴らしい日の到来を心から渇望してきた。同様に、地上のすべての民はこの日に巡りあうことを切望してきた。しかし、彼の啓示の昼の星が神の御意志の天に出現するやいなや、全能者の御心によって導き給うた者を除き、誰もがただ唖然として、無思慮のままでいたのである。

お お、我を記憶する者よ。地上の人々は最も嘆かわしいヴェールによって彼の栄光からさえぎられており、彼の呼びかけに聞き入ることを妨げられている。神よ、 願わくは和合の光が地球全体を包み、そこに住むすべての人々の額に、「王国は神のものなり」という印が記されるようなし給え。

お お、人の子らよ。神の教えとその宗教の根本の目的は、人類の利益を守り、その統合を促進し、人々の間に愛と友情の精神を養うことにある。それを仲たがいと 不和、憎しみと敵意の源にさせてはならぬ。これは真の道で、確固たる不動の基礎である。この基礎の上に建てられるものは何であれ、世の中の変転や不意ので きごとなどによってその力を損なわれることはけっしてない。また、何世紀も何世紀もの間の変転もその構造をくつがえすことはないであろう。我の希望は、世 界の各宗教の指導者たちや支配者たちが現代の改革とその繁栄の復興のために一致して立ち上がることである。世界の窮乏をとくと考えておたがいに話し合い、 これを案じて充分な討議を行い、病んで、ひどく傷めつけられている世界が必要とする治療薬を施すがよい。中庸をもってものごとを対処することは、権限を 持っている者たちの義務である。何ごとであれ、中庸という限度を越すと有効な効果を得られないであろう。たとえば、自由、文明というようなものを考えてみ よ。分別ある人々がそれらをどんなにすばらしいものと考えようとも、度を過ぎれば、かえって、人々に有害な影響を及ぼすであろう。願わくは、支配者や賢い 学問のある人々の尽力の結果として、世の人々が自らの最高の利益を認めることができるよう導かれんことを。いつまで人類は片意地を張るのであろうか。いつ まで不正が続くのであろうか。いつまで混乱と動揺が人々の間にのさばるのであろうか。いつまで不和が社会を騒がせるのであろうか。失望の風があらゆる方角 から吹いて来て、人類を対立させ、苦しめる争斗が日々増加している。現在、一般に行きわたっている秩序は痛ましいほど不備であるため、動揺と混乱がさし 迫っており、その徴候が今やはっきり見受けられる。神が、地上の人々を慈悲深くめざめさせ、彼らの行いの結果が有益であり、彼らの地位にふさわしい行いが 果せるよう彼らを助け給うよう、我は神に懇願する。神の栄光がほめ称えられんことを。

お お、地上で争っている人々や種族の人たちよ。あなた方の顔を和合の方に向け、その光の輝きを自分たちの上に照りはえさせよ。共に集い、たとえ自分たちの間 の論争の源は何であろうと、神のためにそれを根本からなくすよう決心せよ。さすれば、世界の偉大な発光体の光輝が全地球を包み、そこに住む者はすべて一つ の町の住民となり、ただ一つの王座の居住者となるであろう。この虐げられし者はその生涯の初めから、このこと以外の望みは何も抱かなかった。そして、これ 以外の望みは今後もずっと抱かないであろう。人種やその信奉する宗教が何であろうとも、世界の人々は一つの天の源から霊感を受けた一つの神の民であるとい うことに何らの疑いもない。彼らの守っている掟に見られる相違は、それが啓示された時代の種々の要求や緊急度によるものである。人間の我欲の結果から起こ るいくつかの例外を除けば、それらはすべて神の定め給うたものであり、神の意志と目的の反映である。奮起して、信仰の力で身をかため、あなた方の空想の神 々、あなた方の間に不和をまき散らすものを粉砕せよ。そして、あなた方を結合させ、和合させるものにすがれ。このことはまことに、母なる書があなた方に天 から啓示された最も崇高な言葉である。栄光ある神の住居から来る荘厳な舌がこれを証言している

偉 大なる者が、世界の平和とその安寧、および人々の進歩発展の必要条件を明示しようと、次のように書いている。「全人類を包含する大がかりな会合を催す必要 があると広く認められる時期が必ずやって来るに違いない。地上の支配者たちや国王たちは、必ずそれに出席しなければならない。そして、その審議に参加し、 人々の間に世界の大平和を設立するような手段方法を考えねばならぬ。そのような平和をもたらすためには、人々の平安のために彼らの間に完全な和解がもたら されるよう、列強が決議する必要がある。もし、ある国王が他に対して武器を振り上げたとしたら、すべての国王たちは結束して立ち上がり、その者を押えつけ なければならぬ。このようなことができるなら、世界中のすべての国家は彼らの領土の安全を確保し、彼らの領土の内部秩序を維持する目的以外には、もはやい かなる軍備も必要としなくなるであろう。こうすることが、各人、各政府、及び、各国家の平和と平静とを保証することになる。慈悲深く、全能なる神の御名の 鏡である地上の国王たちや指導者たちがこの地位に到達し、人類を圧制の猛襲から守れるようになることを我は心から希望している。...世界中のすべての人 が、万国共通語と共通の文字を採用する時代が近づきつつある。これが達成された暁には、人はどこに旅行してもまるで自分の故郷に入ったように感じることで あろう。これらの事柄は必要不可欠のことである。すでに書かれていることを実際に行動に移すよう努力することは、識見と分別のある各人の義務であ る。...全人類の奉仕のために、今日、自分自身を捧げる人こそ、すぐれた人である。あの偉大なる御方は、「地上の人々や、同胞のために最善の福祉を増進 させるよう、立ち上がった者は恵まれ、幸福である。」と語っている。他の一節ではまた、「自国を愛すことを自慢するよりは、むしろ、全世界を愛すことを誇 りとせよ。地球は一つの国であり、人類はその市民である。」と明白に語っている。

すべてに精通し給う医師の 指は人類の脈をとらえている。彼は病を診断し、過ちのない英知により治療薬を処方し給う。各時代にはそれぞれ特有の問題があり、各人にはそれぞれ特別な願 いがある。現在の苦悩に際して世界が必要としている治療薬は、次の時代が求めるものと決して同一ではない。あなた方の生きる時代の要求を憂慮し、そこに関 心を寄せよ。そして、その緊急に必要とされるもの、また急務とされることにあなた方の審議を集中させよ。

全 人類がどれほど深刻な、そして、計り知れない苦悩に悩まされているか、我には手に取るように分る。病床に沈み、痛みに苦しめられ、幻滅しはてた人類の姿が 我が眼前にある。うぬぼれて有頂天になっている者らが、人類と、過ちのない神聖なる医師との間に立ちはだかっている。そして見よ。彼らの工作は自分たちを も含むすべての人々を抜き差しならぬ罠に陥れている。彼らは病気の原因を発見することもできず、治療薬についていささかの知識も持たない。彼らはまっすぐ なものを曲がっていると思い、友を敵と取り違えている。

こ の囚人の優美なメロディーに耳を傾けよ。深い眠りにある者らが眼を覚ますよう立ち上がり、声高らかに告げよ。言挙げよ。おお、まるで死んでいるような者た ちよ。神の恵みの御手はあなた方に生命の水をさし出している。急いで行き、心行くまで飲め。この日生まれ変わった者はもはや決して滅びることはない。ま た、この日死んだままの状態にある者は、決して生きることはない。

地 上の人々よ。永遠の真理である神が証明されたように、新鮮で、静かに流れ出す水の流れが、何ものにも制約されない主によって語られた言葉の甘さを通して岩 からわき出してきているのに、あなた方はなおも眠りつづけている。所有するものすべてを投げ出し、超越の翼にのって、全創造物の上に高くまい上れ。そのペ ンの動きによって人類の魂を変革し給うた創造主がこのように命じておられるのである。

栄 光にあふれた主がどれほど高遠なるところからあなた方に呼びかけておられるか知らないのか。すべての名称の主であり、あなた方の主である神がその命令を下 す時にお使いになるペンを、あなた方は認めているのだろうか。いや、我が命にかけて、認めていないと言える。もしこれを認めたならば、かならず世俗をすて て、最も愛されている神のもとへと一心に急ぐであろう。あなた方の精神も神の言葉によって運ばれ、より大きな世界へと入って行くであろう。それは、今のこ の小さな、取るに足りない世界よりはるかに大きな世界なのである。このように、我が恵みの雨は我の恵みの証拠として、我が愛の天国から降りそそいでいる。 これに感謝する者となれ。人間の堕落した欲望のためにあなた方の間に分裂が生ずることのないように注意せよ。あたかも一本の手の指、一つの集まりの中の一 人のようになれ。啓示のペンはこう忠告している。このことを理解するものならば。

神 の恵みとその贈り物について考えてみよ。神はあなた方のためになることを課しておられるのである。神自身はとってはそれらは無用なのである。あなた方が悪 を行なったとしても、我には何の危害もない。また良いことをしても、我の利益となるわけではない。我はただ神のために命ずるのである。このことは、理解力 と洞察力のある者ならすべて証明できることである。

世の中の平衡状態は、この最も偉大な、この新しい世界秩序のすばらしい影響力によってくつがえされたのである。人類の整然とした生活は、人間の目がこれまでに決して見たことのない、この二つとないすばらしい制度の力によって大改革された。

あ なた方がその秘密を解き、深い所にかくされている知恵の真珠を残らず発見できるように、我が言葉の大洋に身を沈めよ。神の威力の可能性を示し、神の主権を 確立したこの大業の真実を奉じるあなた方の決意にぐらつきがないよう注意せよ。喜びに輝く顔をもって、神のもとに急げ。これこそは過去においても、未来に おいても、神の永遠にして不変の教えである。求める者にはそれを得させよ。また、それを求めることを拒む者については、まことに神は創造物の必要を完全に 超越して、自ら満ち足り給う御方である。

言 挙げよ、これこそが神の御手に握られた誤りのない秤である。天上、地上のすべてのものはこの秤にかけられ、その運命が決定されるのである。おお、あなた方 がこの真理を認め、信じるものならば。言挙げよ。これによって貧しい者は富み、学識者は啓発され、探求者は神の御前に上ることができたのである。あなた 方、これを自分たちの間の不和の原因にせぬよう注意せよ。強大にして慈悲深き主の大業の中にあって不動の山のようにしっかりと定住せよ。

お お、世界中の人々よ。我が掟は、しもべらの間においた我が愛の摂理のランプであり、我が創造物に対するわが慈悲の鍵であることを確信せよ。このように、そ れは啓示の主であるあなた方の主の御心の天から下されたのである。慈悲深き御方の口から発せられるよう意図された言葉の甘さを味わった者は、彼の恩寵深い 配慮と、愛情あふれる親切の曙の上に輝く彼の掟の真実の一つでも、その正当性を立証するためならば、たとえ地上の宝を所有していようとも、それをことごと く放棄するであろう。

言 挙げよ。我が掟からは我の衣のかぐわしいかおりを嗅ぐことができる。そして、その助けにより、勝利の旗は最も高い頂に立てられよう。我が威力の舌は、わが 全能なる栄光の天上から次のような言葉をわが創造物に語りかけた。「我が美を愛するがために我が命令に従え」と。いかなる舌も描写することができないほど の恵みの芳香に満ちたこれらの言葉から、自身が最も愛する御方の聖なる芳香を嗅いだ愛しき人は幸いである。我が命にかけて言う。我の豊かな恩寵の両手よ り、公正という選り抜きの美酒を飲んだ者は、我が創造の曙の上に輝く我が碇の周りを回るであろう。

我が単なる法典をあなた方に示したと思うな。いや、むしろ、我は強大と威力の指をもって選り抜きの美酒の樽を開封したのである。これについては啓示のペンが書き記したことが証言する。これについて瞑想せよ。おお、洞察力ある人々よ。

... 我の掟が我が発言の天空から太陽のごとくに現われるときはいつも、すべての者はそれに忠実に従わねばならない。たとえ、我が命令があらゆる宗教の天界を粉 砕してしまうようなものであったとしても。神は望みのままになし給う。神は意のままに選び給う。そして、誰であれ彼の選択に異論を唱えることは許されな い。敬愛される御方である彼が定め給うたことは何であれ、まことに、愛されることなのである。これについてはすべての創造物の主である御方がわが証人であ る。すべてに慈悲深き御方の甘い芳香を嗅ぎ、この発言の源を認めた者は、神の掟の真実性を人々の間にうち立てるために喜んで自らの眼に敵の矢を受けるであ ろう。それに顔をむけ、神の明白な法令の意味を理解する者は幸せである。

今 日こそは、神の最もすばらしい恩寵が人々の上に注がれている日であり、彼の最も偉大なる恩恵がすべての創造物の中に注入されている日である。自分たちの間 の不和を和解させて完全な統合と平和のうちに、彼の保護と慈愛の下蔭に止まるようにすることは、世界中の人々の義務である。人々はまた、今日、彼らの地位 を崇高なものとなし、彼らの真の利益を促進させるものにすがらねばならない。栄光に満ちたペンが名前を記憶するようにと記した人々は幸福であり、我の測り 難い定めによって名前をかくすようにした人々も祝福されている。すべての人が、我の認めることをなし遂げられるよう、慈悲深く助け給うように唯一真の神に 懇願せよ。現在の秩序は間もなくまき上げられ、その代わりに新しい秩序が繰りひろげられるであろう。まことに、あなたの主は真理を語り、眼に見えぬものを もお分りになる御方におわす。


Table of Contents: Albanian :Arabic :Belarusian :Bulgarian :Chinese_Simplified :Chinese_Traditional :Danish :Dutch :English :French :German :Hungarian :Italian :Japanese :Korean :Latvian :Norwegian :Persian :Polish :Portuguese :Romanian :Russian :Spanish :Swedish :Turkish :Ukrainian :