Announcing: BahaiPrayers.net


More Books by Kitab-i-Aqdas

Glossary
Introduction
Main Text
Notes
Questions and Answers
Supplementary Tablets
Synopsis & Codification
「アグダスの書」 - 注釈
「アグダスの書」 - 質疑応答
「アグダスの書」
Free Interfaith Software

Web - Windows - iPhone








Kitab-i-Aqdas : Questions and Answers
質疑応答
1.      質問:最大の祝祭について

答え:最大の祝祭は、バヤン暦の1年の2ヵ月目の13日の午後遅く始まる。この祝祭の第1日目、第9日目、第12日目には仕事は禁じられている。

2.質問:対をなす誕生日の祝祭に関して

答え:アブハの美(バハオラ)の生誕はモハラム月(イスラム太陰暦の最初の月)の第2日目の夜明け時であった。彼の先駆者は同じ月の第1日目に生誕した。これらの二つの日は神の目には一つと見なされる。

3.質問:結婚の誓いについて(アラビア語では男性と女性の近いの言葉が異なる)

答え:男性は「まことに、私たちは神の御意志に従います」と誓い、女性は「まことに、私たちは神の御意志に従います」と誓う。

4.質問:男性が帰宅の時期を明確にせずに旅にでた場合、つまり予定不在期間を知らせなかった場合で、その後も彼から何の便りもなく、行方がまったく分らない場合は、彼の妻はどう対処すべきか

答 え:これに関するケタベ・アグダスの規定を知りながら、帰宅の時を定めることを怠った場合、妻は丸一年待って、その後は賞賛に値する道をとるか、別の夫を 選ぶかは自由である。しかし夫がこの規定を知らない場合は、神が賢くも彼の運命を明らかにされる時まで忍耐強く待つべきである。これに関して賞賛に値する 道という意味は、忍耐強くあることである。

5.質問:次の聖句について。「まだ生まれていない子らの叫びを聞いたとき子供の分け前を二倍にし、残りの分け前を減らした」

答え:神の書によれば、故人の財産は2,520の分け前に分けられる。この数は9までのすべての整数の最小公倍数であり、これらの分け前は7つの部分に分けられ、各部分はその書に述べられている通り、それぞれの範晴に属する相続人に配分される。たとえぱ、子供たちには60の 分け前が9ブロックで、合計540から成る分け前が配分される。「われは彼らの分け前を二倍にした」という句の意味は、このように子供たちは60の分け前 を更にあと9ブロック受け取ることで、全部で18ブロック受ける権利を与えられたのである。彼らが受け取る余分の分け前は、との範晴に属する相続人の分か ら差し引かれたものである。たとえば、配偶者は60の分け前の8ブロックである。「480の分け前を含む8つの部分」を受け取る権利があると啓示されてい るが、今この再整理により、全部で90の分け前を含む1.5が配偶者の分から差し引かれ、子供たちに再配分された。たの範嗜の場合も同様である。結果は、 差し引かれた合計は9ブロックの分け前に相当し、それが子供たちに配分されることになる。

6.質問:兄弟が遺産の分け前を相続する権利をもつためには、故人と同じ父親と母親から生まれていなければならないかどうか。または片親だけが同じであれば十分であるかどうか。

答え:もしその兄弟が同じ父親をもっのであれば、彼はその書に規定されている方法で遺産の分け前を受け取れる。しかし、母親だけが同じである場合、彼はその権利の3分の2だけを受け取り、残りの3分の1は正義院に帰属することになる。この決定は姉妹にも適応される。

7. 質問:遺産相続に関する規定の中で、もし故人が子孫を残さなかった場合、彼らの財産の分け前は正義院に帰属すると定められた。同様に父、母、兄弟、姉妹や 教師といった相続人が不在の場合は、彼らの財産の分け前は正義院に帰属するのか、または他の方法で処理されるのであろうか。

答 え:この聖なる句で十分である。彼はこう述べ給う。その言葉は高遠なり。「故人に子供がない場合、子供の分け前は正義院に帰属する」云々とあり、また故人 が子供を残している場合、しかし聖典で規定されている他の部類の相続人がいない場合、子供は遺産の3分の2を受け取り、残りの3分の1は正義院に帰属す る。この規定は全般的なもの、および特定なものに適応される。つまり、後者の範晴に属する相続人がない場合、彼らの遺産相続の3分の2は子孫に渡され、残 りは正義院に帰属する。

8.質問:ホゴゴラが支払われるべき基本額について.

答 え:ホゴゴラが支払われるべき基本額は金19ミスガルである。換言すれば、この価値に相当するお金が入ったなら、ホグクを支払うことになる。同様に、他の 形の財産の、数ではなく、価値が述べられた額に達したならホグクを払うことができる。ホゴゴラは一つにつき一度支払うだけでよい。たとえば、1000ミス ガルの金を取得し、これに対してホグクを払った人は、商売などでこれを売ることによって生じた利益に関するもの以外には、これ以上支払いをする必要はな い。これが値上がりし、その利益が上述の額に達した場合には、人は神が定められたことを実行しなければならない。持ち主が変ったときは、その物に対するホ グクの支払いは、再度最初のときの原則にそって行われる。「最初の点」は、ホゴゴラは人の所有するすべてのものの価値について支払われると指定したが、こ の最も強大なる宗教制では、われは生活や居住の必要をまかなうような生活必需品をこの対象より除いた。

9.質問:故人のホゴゴラ、負債、葬儀と埋葬費の支払いの内どれを優先すべきか

答え:葬儀と埋葬費の支払いが優先する。それから負債を払い、その後ホゴゴラを支払う。もし故人の財産でその負債を清算しきれない場合、その者の不動産の残りはその大きさにあわせて負債清算に当てられるべきである。

10.質問:ケタベ・アグダスでは剃髪を禁じているが、ハッジの書簡では剃るようにとあるのはなぜか。

答え:人は皆、ケタベ・アグダスに従うように命じられている。その書に啓示されたことは何であれ、しもべのための神の法である。聖なる家への巡礼の為に剃髪すべきという命令は解かれた。

11.質問:待機期間中に夫婦間で肉体関係をもち、その後再び仲たがいをした場合、待機期間をやり直すのか、それともその関係をもった以前の期間を待機期間に数えてよいか。また離婚が成立した後も一定期間待つ必要があるか。

答 え:待機期間中に夫婦間で愛情が蘇ったときは、結婚の絆は有効であり、神の書で命じられたことに従わねばならない。しかし、一たび1年間の待機期間が終わ り、神によって定められたことが実施されれば、それ以上待つ必要はない。1年間の待機期間中は夫婦間の肉体関係は禁じられている。これを犯す者は神の許し を乞い、罰として19メスガルの金を正義院に納めなければならない。

12. 質問:結婚の誓いが読まれ、結納金が支払われた後に悪感情が生じてきた場合、1年間の待機期間を経ないで離婚できるか。答え:結婚の誓いが読まれ、結納金 が支払われた後、正当に離婚を求めることができるが、それは、結婚が完成する前でなければならない。その場合、1年間の待機期間を守る必要はない。しかし 結納金の返還は許されない。

13.質問:双方の両親の承認を得ることは結婚の必要条件であるのか。または、一方の両親だけの承認で十分であるのか。この法律は処女だけに当てはまるのか、それとも他の者にも同様に当てはめられるのか。

答え:結婚の条件として双方の両親の承認が必要である。この点において新婦が処女であるかどうかは関係ない。

14.質問:信者は必須の祈りを唱える時にゲブレー(崇拝の点)の方向に顔を向けるよう命じられているが、他の祈りや勤行の時はどの方向に向くべきか。

答え:ゲブレーに顔を向けることは必須の祈りを唱える時の必要条件であるが、他の祈りをする時は、慈悲深き主がコーランの中で啓示された「どの方向を向いても、神の御顔がある」という言葉に従ってよい。

15.質問:夜明け時にマシュレゴル・アズカル(礼拝堂)で神を想うことに関して

答え:「夜明け時」という言葉は神の書に用いられているが、一日の夜明けが始まったばかりの時、夜明けと日の出の間、あるいは日の出の後2時間以内でも神は満足し給う。

16.質問:遺体は一時間以上かかる所へ運ぶべきでないという法令は、陸路と海路の輸送の双方に適用されるのか

答え:この指示は汽船で一時間かかっても、列車で一時間かかっても海路と陸路の双方による距離に適用されるものである。意図は、いかなる輸送手段であれ、一時間で行ける距離ということである。しかしながら、埋葬は早ければ早いほどふさわしく、支持されるべきことである。

17.質問:遺失物はどう処理されるべきか

答 え:町の中で遺失物が見つかった場合は、町の広報係が一度その発見を告知しなければならない。その遺失物の所有者が見つかればその人に渡すべきである。所 有者が見つからない場合は遺失物の発見者は一年間待つべきである。もしその期間内に所有者が明らかになれば、発見者はその人から広報係に払う代金を受け取 り、遺失物をその人に返すべきである。所有者不明のまま一年間が過ぎた場合にのみ、発見者はその遺失物を自分の所有物としてよい。もし遺失物の価値が広報 係に払う代金よりも低いか、または同じ場合、発見者は発見時から一日待つべきである。一日の終わりに所有者が明らかにならない場合、発見者はそれを所有し てよい。人の住んでいない所で遺失物が見つかった場合、発見者は三日間待ち、その期間が過ぎても所有者が不明の場合、発見者がその発見物を所有することは 自由である。

18.質問:洗浄に関して。たとえば、全身を洗ったばかりの時でも、改めて洗浄を行う必要があるのか。
答え:いかなる場合でも、洗浄に関する規定は守らねばならない。

19. 質問:人が自国から外国に移住する計画を立てたが、その人の妻がそれに反対し、意見の相違から離婚になった場合に、旅の準備に一年を要したとするとこの期 間は一年間の待機期間と見なされるか、夫婦が別れた日が待機期間の始まりとなるのか。答え:計算の起点は夫婦が別れた日である。従って、もし夫の出発前に 一年間別居していれば、そしてもし夫婦間に愛情の芳香が蘇らなければ、離婚してよい。そうでなければ、夫の出発日から計算されなければならず、ケタベ・ア グダスに述べられている条件を守らなければならない。

20.質問:宗教上の義務に関する成人の年齢について
答え:成人の年齢は男女共に15才である。

21.質問:次の聖なる句について。「旅行中、もし汝ら安全な場所に止って休むならば、男性も女性も同じように、捧げていない必須の祈りの数に対して、一度ひれ伏し、…・」

答え:このひれ伏すことは、旅行中、安全でない状況のために行わなかった必須の祈りを償うためである。もし旅行者が祈る時間に安全な場所に休むことができれば、その祈りをすべきである。償いの平伏に関する規定は在宅中と旅行中のいずれにも適用される。

22.質問:旅行の定義に関して
‡(注)これは断食が免除される旅行の最低期間に関するものである

答 え:旅行の定義は時計の時間で9時間である。旅行者がある場所に止り、バヤン暦で1ヵ月以上そこに留る予定ならばその人は断食を守らねばならない。しか し、1ヵ月以下ならば断食は免除される。もしその人が、断食期間中にある場所に到着し、バヤン暦の1ヵ月間そこに滞在する場合、3日が過ぎるまで断食すべ きではないが、その後は断食の期間が終わるまで断食すべきである。しかしもし、自分の居所に帰ったのなら、到着した次の日から断食を始めなければならな い。

23.質問:姦夫と姦婦の罰について

答え:最初の違反には9メスガル、2回目は18、3回目は36を支払うべきである。このように、その後に続く罰金はその前の罰金の二倍となっていく。1メスガルの重さは、バヤンの明示によれば19ナホドに等しい。

24.質問:狩猟に関して

答 え:彼はこう述べ給う。彼は高遠なり。「もし汝ら、捕獲用の動物や鳥を使って狩猟をするならば」とあるが、他の手段、つまり、弓矢や、銃、および狩に用い られる装置の様な手段も含む。しかしながら、もし罠や落とし穴が用いられ、それにかかった獲物を取る前に獲物が死んだ場合、それを食すことは違法である。

25.質問:巡礼について

答え:二つの聖なる家の一つに巡礼することは義務である。しかし、どちらの家に行くかは巡礼者が決めることである。

26.質問:結納金について
答え:結納金に関して述べると、最低の基準に満足せよという意味は19メスガルの銀である。
27.質問:次の聖句に関して。「しかし、もし、夫の死や殺害の知らせが届き、・・」
答え:「定められた月数」の間待つということは、9ヵ月を意味する。
28.質問:教師が受け取る遺産の分け前に関する、再度の質問について

答え:もし教師が死亡した場合、遺産の分け前の3分の1は正義院に帰属し、残りの3分の2は、教師の子孫にではなく、遺産を遺した故人の子孫に分配される。

29.質問:巡礼に関する再度の質問

答え:男子に課せられている聖なる家への巡礼というのは、バグダッドにある最も偉大なる家とシラズの最初の点の家の双方を意味する。これらの家のどちらかに巡礼することで十分である。従って、自分の住んでいる場所から近い方の家に巡礼することができる。

30.質問:次の句に関して。「女中を雇いたい者は、礼節をもってそうすることができる。」

答え:これは、老若を問わず、賃金と引き換えになされる全ての召し使いの仕事と同様の奉公を指す。その女性は自分の好きな時に自由に夫を選ぶことができる。女性が買われたり、男性が二人以上の妻をもつことは禁じられている。

31.質問:次の聖句について。「妻に三重の離婚を求めるよう定められていた以前の手続きを、主は、…禁止し給うた。」

答え:これは、そう云った女性が前夫と再び結婚できる前に、他の男性と結婚することを必要とした以前の法に言及するものである。この習わしはケタベ・アグダスで禁じられた。

32.質問:対をなす場所にある二つの家と、その他王座が確立された場の保全修復に関して

答え:二つの家というのは、最も偉大なる家と最初の点なる御方の家を意味する。他の場所に関しては、その地域の人々は、王座が確立されたすべての家、またはその内の一つを保存するかどうかを選択することができる。

33.質問:教師の遺産相続について再度出された質問について

答 え:もし教師がバハの人々に属さなければ、その人は相続することはできない。数人の教師がいる場合、分け前はそれらの教師全員に均等に分配されねばならな い。もし教師が死亡していれば、彼の子孫がその分け前を相続するということはなく、その3分の2は財産の持ち主の子供たちに帰属し、残り3分の1は正義院 に帰属する。

34.質問:男の子孫に占有的に割り当てられる住宅に関して

答え:もし幾つかの住宅があれば、それらの住宅の内最も立派で最も高尚なものを意味する。残りの住宅は他の財産と同じく相続人全員の間で分配される。どの相続人の範嗜であろうと、相続人が神の信教の外にいる場合は、その人は存在しないものと見なされ、相続できない。

35.質問:ノー・ルーズに関して

答え:ノー・ルーズの祝祭は太陽が牡羊座の宮に入った日(北半球で春分の日)に行う。たとえその現象が目没前に1分だけであったとしても、それが起こった日に祝う。

36.質問:対をなす誕生日のいずれかの記念日、またはバブの宣言の日の記念日が断食の期間にあたる時はどうすべきか。

答え:対をなす誕生日、またはバブの宣言を祝う祭典が断食の月に当たる時は、それらの祝祭日には断食を行う必要はない。

37.質問:遺産相続を決定する聖なる法令では、故人の住居と衣服は男の子孫に割り当てられている。この規定は父親の所有物のみをさすのか、母親の所有物にも適用されるのか。

答 え:母親の使った衣服は娘たちの間で均等に分けられるが、所有地、宝石、および未使用の衣服を含む彼女の残りの財産は、ケダベ・アグタスに述へられている 方法で、すべての相続人に分配されるべきである。しかしながら、故人に娘がいない場合、彼女の全財産は聖なる書のなかで男性のために指示されている方法で 分配されなければならない。

38.質問:一年の待機期間が経過しなければならない離婚について二人の内一人だけが和解したい場合はどうすべきか

答え:ケタベ・アグダスに述べられた法令によれば、双方ともに満足でなければならない。双方ともに望むのでなければ融和はありえない。

39.質問:結納金に関して。もし新郎が全額を支払えない場合、その代わりに可能な時に払うという理解のもとに、結婚式の時に約束手形を正式に新婦に渡す、場合はどうなるか。

答え:権威の源泉なる御方は、このやり方の採用を許可し給うた。

40.質問:一年の待機期間中に愛情の芳香が蘇ったが、そのあと悪感情が起こったとする。このように夫婦が待機期間を通して愛情と嫌悪の間でぐらつき、悪感情で終わったとすると離婚が成立するか。

答え:いつであれ、悪感情が起こる毎にその日に一年の待機期間が始まり、それから一年間が経過しなければならない。

41.質問:故人の住居と衣服は男の子孫に割り当てられているが、女の子孫とその他の相続人には割り当てられていない。もし故人が男の子孫を残さなかった場合はどうすべきか。

答え:彼は述べ給う。彼は高遠なり。「故人が子孫を残さなかった場合は、その分け前は正義院に帰属する・…」。この聖句に従って、故人の住居と衣服は正義院に帰属する。

42.質問:ホゴゴラの規定がケタベ・アグダスで啓示されている。住居に備え付けの備品や必要な家財道具はホグクの対象になる不動産に含むのか、それとも別にするのか。

答え:イラン語で啓示された法で、われは、この最も強大な宗教制において住居と必要な家具を、除外すると規定した。

43.質問:未成年の女子の婚約に関して

答え:この習わしは、権威の源泉なる御方により違法であると宣告された。また、結婚式の95日以前に結婚を発表することも違法である。

44.質問:もし人が、たとえば100トマン持っていて、これに対してホグクを払ったが、その後取り引きの不成功でその半分を失った、しかし、その後の商売でお金がホグクを支払うほどに儲かった場合、その人はホグクを支払うべきか、どうか。

答え:そのような場合、ホグクは払わない。

45.質問:もしホグクを払った後に、その同じ100トマンを完全に失ってしまった。その後商売や取り引きでまたお金を取り返すことができた場合、再度ホグクは払われるべきか。

答え:このような場合も同様に、’ホグクを支払う必要はない。
46.質問:「神は結婚を汝らのために規定された」という聖句に関して。この規定は義務なのか、どうか。
答え:義務ではない。

47. 質問:ある男性がある女性を処女と信じて結婚し、結納金を支払った。しかし、結婚が完成する時に彼女が処女でないことが明らかになった。費用と結納金は返 済されるべきか。また、もし結婚が処女であることを条件とした場合、その条件が満たされない場合は、その条件のもとでなされたことは無効となるか、どう か。

答え:そのような場合費用と結納金は返済されてもよい。条件が満たされなかったことで、条件付きでなされたことは無効となる。しかしながら、そのことを隠し、許すことは神の目には恵み深い報酬に値することである。

48.質問:「フィーストは汝らに課せられた…」とあるが、これは義務なのか。
答え:義務ではない。

49.質問:姦通、男色、窃盗に対する罰金と、その度合いに関して答え:これらの罰金の度合いを定めるのは正義院である。

50.質問:自分の親類との結婚が合法であるかどうかに関して
答え:これらの事柄も同様に正義院の信託人たちにかかっている。

51. 質問:洗浄についてこのように啓示されている。「洗浄用の水が見つからない者は、『最も純粋に在し、最も純粋にまします神の御名において』という言葉を5 回繰り返せ」。厳寒の時期や、顔や手に傷がある時にこの句を唱えることは許されるか。答え:厳寒の時は温かい湯を使用してよい。もし、顔や手に傷があった り、その他の理由で、つまり水の使用が害になるような落痛があるときは、洗浄の代りに定められた句を唱えることができる。

52.質問:徴記の祈りの代りに啓示された句を詠唱することは義務であるか。
答え:義務ではない。

53.質問:遺産相続に関して。同じ両親をもつ兄弟と姉妹がいる場合、異父兄弟と姉妹もまた分け前を受け取れるか。

答え:分け前はない。

54.質問:彼は述べたまう。彼は高遠なり。「故人の息子が、父親の生存中に亡くなり、子供を残している場合、この子供達は神の聖典に規定されているごとく、父親の取り分を相続する…」とあるが、娘が父親の存命中に死亡した場合はどうすればよいか。

答え:彼女の相続分は、アクダスの書の規定にしたがって、7つの範晴の相続人に分配される。
55.質問:もし、故人が女性であれば遺産の「妻」の分け前はだれに配分されるか。
答え:「妻」が受け取る遺産の分け前は、夫に配分される。

56.質問:5枚と定められている遺体に着せる白布に関して。5枚というのは、それまで通常用いられてきた身体に重ねて巻きつける5枚の布であるのか、それとも5枚の全身大の白布のことであるのか。

答え:5枚の白布のことである。
57.質問:啓示されたある句の間にある相違について。

答 え:書簡の多くは啓示された後、校正されることも改められることもなく、そのままの形で送付された。その結果、命じられたとおり、それらの書簡は聖なる方 の面前でふたたび読み上げられた。そして、大業に反対する者らの揚げ足取りの機先を制するために、人びとが慣習として用いている文法にしたがって直され た。もう一つの理由は、先駆者一一彼以外のすべての魂が彼のために捧げられんことを一一によって始められた新しい形式は、文法の規則からはなれてかなり自 由に書かれていたからである。それゆえ、聖なる句は、理解しやすく、表現を簡潔にするために、大部分、現代の用法にしたがって啓示された。

58. 質問:次の祝福された句に関して。「旅行中に、もし汝ら安全な場所に止って休むならば…、捧げていない「必須の祈り」に対して、一度ひれ伏し」。この必須 の祈りの償いは、安全でない状況のゆえなのか、それとも必須の祈りは旅行中は完全に中止するため、その代りにひれ伏すのか

答 え:必須の祈りの時間がきても、安全でないため祈りができないときは、安全な環境に達したとき唱えることができなかった各必須の祈りの代りにひれ伏すべき である。最後にひれ伏した後、足を組んで座り、指定された句を読まなければならない。もし、安全な場所があれば、必須の祈りは旅行中でも中止されない。

59.質間:旅行者が止まり、休んだ後、必須の祈りの時間信なったとすれば、その人は必須の祈りをすべきか、それともその代わりにひれ伏すべきか?

答え:安全でない状況にいるとき以外は必須の祈りを抜くことは許されない。

60.質問:必須の祈りを逸したため、何回かのひれ伏しが必要な場合、償いのためのひれ伏し毎に定められた句を繰り返さなければならないのか?

答え:最後のひれ伏しの後に定められた句を唱えることで十分である。幾つかのひれ伏しをするときは、その度に句を繰り返す必要はない。

61.質問:家で必須の祈りを抜かした場合、ひれ伏しで償われるべきか?

答え:以前の質問に答えて次のように書かれた。「この規定は、旅をしているときにも、家にいるとき爬もあてはめられる。」

62.質問:他の目的で洗浄をした後、必須の祈りの時間がきたときはその洗浄で十分か、それともふたたび洗浄すべきかどうか。答え:その洗浄で十分である。ふたたび洗浄する必要はない。

63. 質間:ケタベ・アグダスで、正午、午前そして午後に行なわなければならない9つノラーカーから成る必須の祈りが課せられた。しかし、必須の祈りの書簡(現 在用いられている三つの必須の祈りが含まれている)はこれと異なるように見えるが。答え:ケタベ・アグダスに啓示されたものは違った必須の祈りに関するも のである。何年か前、その必須の祈りを含むいくつかのアクダスの書の法令は、英知のゆえに、別々に記録され、他の聖なる文献と共に送られた。保存と保護の ためにそうされたのであった。後で、これらの三つの必須の祈りが啓示された。

64.質間:時間を決めるのに、置時計や腕時計に頼ることは許されるかどうか。
答え:置時計や腕時計に頼ることは許される。

65.質間:必須の祈りの書簡には三つの祈りが啓示されている。これらの三つ全部をする必要があるかどうか。

答え:これらの三つのうち一つを捧げることが課せられている。どの祈りであっても十分である。

66.質問:朝の祈りのための漉浄は、正午の祈りにもまだ効力を有するであろうか。また同様に、正午に行なわれた洗浄は夕方もまだ効力を有するであろうか。

答え:洗浄は必須の祈りのためにするもので、それに関連しているため、祈り毎にしなければならない。

67.質問:長い必須の祈りのとき、起立して、「神に顔を向け」るように求められている。これは、ゲブレ(崇拝の点)に顔を向ける必要はないことを示しているようであるが、そうなのか。

答え:ゲブレ(崇拝の点)を意味する。
68.質問:「毎朝、毎夕神の句を唱えよ」という聖句に関して。

答え:それは、聖なる言葉の天から下されたすべてを意味する。第一に必要なことは、神の言葉を読む聖別された人びとの熱望と愛である。喜びと輝きをもって一つの句を読むこと、または一つの言葉だけを読むことさえも、沢山の書を通読するよりも望ましいことである。

69. 質問:ある人が遺書を作成するときに、財産一一ホゴゴラの支払と負債の決済に当てられた後の残りの財産一一の一部を慈善事業に割り当ててもよいか。それと も、残りの財産が神によって定められた方法で指定された範晴の相続人の間で分配されるように、葬式と埋葬の費用に十分な額だけを割り当てるだけの権利をも つのか。

答 え:人は自分の財産を完全に管轄する権利をもつ。もし、人がホゴゴラを納めることができ、負債がなければ、遺書の中に記録されたすべてと、それに含まれる 宣言や公言はすべて容認されるであろう。まことに、神は、人北与えたもうたものをその人の望む通りの方法で処することを許したもうた。

70.質問:埋葬用の指輪の使用は大人だけに課せられたものであるか、それとも未成年者にも同様に課せられたものか。

答え:大人だけが用いるものである。同様に、死者のための祈りも大人もためである。

71.質問:ある人がアラーの月(高尚の月)以外の時期に断食を望むならば、それは許されるかどうか。またもし、人がその断食に誓いまたは願をかけるならば、それは妥当であり、また容認されることであろうか。

答 え:断食の法令はすでに啓示された通りである。しかしながら、もしだれかが願望の実現を求めるために、あるいは他の目的を達成するために、神に断食を捧げ るならば、以前も現在もそれは許されることである。しかしながら、誓いや願いは人類の利益になるような目的に向けられることを神は望みたもう。神の栄光は 高遠なり

72.質問:住宅と個人の衣服について再び質間が出された。男性の子孫がいない場合は、これらは正義院に帰属するか、または残りの財産と同じく配分されるのであろうか。

答え:住宅と個人の衣服の3分の2は女性の子孫に渡され、3分の1は、神が人びとの宝庫とされた正義院に渡される。

73.質問:一年の忍耐期間を終えたとき、夫が離婿を拒否する場合は、妻はどういう手段をとるべきか。

答え:その期間が終われば離婚が成立する。しかしながら、その期間の始めと終わりを証言する者が必要である。必要が生じたときに、証言してもらうことができるためである。

74.質問:老年の定義に関して。
答え:アラブ人にとっては、極端に年老いたことを指すが、バハの人びとにとっては70才からである。
75.質問:徒歩で旅行する人の断食の限度に関して。
答え:限度は2時間である。もし、それ以上になれば、断食を中断することが許される。

76.質問:断食の月に重労働にたずさわる人の断食の遵守について。答え:その人は断食を免じられる。しかしながら、神の法律と断食の高遠なる地位に尊敬を示すために、質素に、そして人目につかないところで食事を摂ることは非常に称賛すべきであり、ふさわしいことである。

77.質問:必須の祈りのために行なった洗浄は、最大名を95回繰り返すことのためにも十分であるかどうか。

答え:再度の洗浄は必要ではない。

78.質問:夫が妻のために買った衣服や宝石に関して。これらは、彼の死後は、彼の相続人たちの間で分配されるのか、それ占も妻個人のものであるのか。

答え:使用した衣服以外のものは何であれ、宝石であろうがその他のものであろうが、夫に属する。ただし、妻への贈り物であることが証明されているものは別である。

79.質問:ある事柄の証明が二人の公正なる目撃者たちの証言に依存するときの公正の基準に関して。

答え:公正の基準は、人びとの間で評判がよいことである。すべての神のしもべらの証言は、その人の信仰や信条が何であれ、神の王座の面前に受け入れられるのである。

80. 質問:もし、故人がホゴゴラの義務を果たすことも、他の負債を払うこともしていない場合、それは住宅、その人の衣服、残りの財産から均等に差し引いて支払 われるべきか。または、住宅と個人の衣服は男性の子孫に取っておき、負債は残りの財産から決済されなければならないであろうか。また、もし財産の残りがそ の目的には不十分な場合、負債はどのように支払われるべきか。

答え:未払いの負債やホゴゴラの支払は、残りの財産から決済されるべきである’が、もしそのためには不十分な場合は、不足額は彼の住宅と衣服から支払わなければならない。

81.質問:第三の必須の祈りは座ったままで捧げられるべきか、もしくは起立して捧げられるべきか。
答え:謙虚な畏敬の念をもって起立して捧げられる方が好ましく、またよりふさわしいことである。

82.質問:第一の必須の祈りに関して「人が謙虚な気持ちと熱烈な敬慕の念にあるときにはいつであれ、行なうこと」とあるが、これは24時間に1回行なうのか、それとももっと頻繁に行なうべきであろうか。

答え:24時間に1回で十分である。これこそ聖なる命令の舌によって述べられたことである。
83.質問:朝、正午および夕方の定義に関して。

答え:それは日の出、正午、日の入りのことである。許される必須の祈りの時間は朝から正午まで、正午から日没まで、そして日没からその後2時間までの間である。権限は、二つの御名の担い手なる神の手中にある。

84.質問:信者が信者ではない人と結婚することは許されるかどうか。

答え:嫁に取ることも、嫁に出すことも許される。主は、恵み深さと恩寵の王座に登られたとき、こう定められたもうた。

85.質問:死者のための祈りは、埋葬に先行すべきか、それともその後に捧げられるべきか。また、ゲブレ(崇拝の点)に同く必要があるかどうか。

答え:この祈りの詠唱は埋葬に先行すべきである。またゲブレ(崇拝の点)についてはこうである。「どの方向に顔を向けても、神の御顔がある。」[コーラン2:115]

86.質問:正午は必須の祈りの二つ一一短い正午の祈り、および朝と正午と夕方に捧げられる祈り一一を詠唱する時問であるが、この場合、二回洗浄をする必要があるか、それとも一回で十分か。

答え:洗浄の繰り返しは必要ではない。

87.質問:村の住人たちの結納金は銀であるが、それに関して。それは新婦が村の住人である場合か、それとも新郎の方であるか、または双方の場合であるか。また、一入が都市の住人で、もう一人が村の住人の場合はどうすべきか。

答え:結納金は新郎の住所で決められる。もし、彼が都市の住人ならば、結納金は金で、村の住人ならば銀である。

88.質問:人が都市の住人であるか、または村の住人であるかを決める基準は何か。もし、都市の住人が村に住み、あるいは村の住人が永住する意図をもって都市に住むならば、どう決めたらよいか。出生の場所が決定要因となるのかどうか。

答え:基準は永住の場所であり、それがどこであるかにより、聖なる書にある指示に従わなければナらならない。

89.質問:聖なる書簡の中に、ある人が金19ミスガルに相当する取得したなら、その者はこの額についての神の権利を支払うべきと規定されているが、この19のいくらを払うべきか説明してもらえないか?

答え:100の内19が神の規定で設定されている。計算はこの基本に立って行われる。それからその額の19が確定される。

90.質問:人の資産が19を越えるとき、ホグクが再度払われる前にそれが更に19を上回ることが必要か?

答え:すべて、19の上に加えられたものは、それが更に19に達するまではホグクの対象にはならない。
91.質問:清らかな水と、それがどの時点で使用された水と見なされるかについて。

答 え:1カップまたは2、3カップ位の少量の水は、一回顔と手を洗えば使用済みの水と見なされる。しかし、1コール(約1、5立法メートルの量)またはそれ 以上の水は一回や二回の洗顔では変わらず、それを使用することには意義はない。ただし、三ツの面(色、味、匂い)の一つが変わっていたならば、たとえぱ、 変色していた場合など、それは使用された水と見なされる。

92.質問:さまざまな質問に関するペルシャ編の論説で、成人の年齢は15歳と定められている。結婚も同様に成人の年齢に達するのが条件であるかどうか、またはその年齢に達する前に結婚できるかどうか。

答え:神の書には、相互の承諾が必要とされており、また、成人の年齢に達する前は、承諾も不承諾も確認することができないので、したがって、結婚は成人の年齢に達することを条件とし、その年齢前の結婚は許されない。

93.質問:病人の断食と必須の祈りに関して。

答 え:まことに、われは語るが、必須の祈りと断食は神の眼に高遠なる地位を占めるものである。しかしながら、健康な状態にあるときにそれらの徳が実現される のである。不健康のときはそれらの義務を守ることは許されていない。これがつねに主一一彼の栄光は高遠なり一一の命令であってきた。これに留意し、神の教 えを守る男女に祝福あれ。聖句を下したもうた方、疑いの余地のない証拠の啓示者である神にすべての賛美あれ。

94.質問:モスク、教会、寺院に関して

答 え:モスク、教会、寺院のように、唯一真の神の礼拝のために建造されたものは何であれ、神の御名を記念するため以外の目的で使用してはならない。これは神 の法令であり、それに違反する者はまことに罪を犯した者である。建造者には害はない。なぜなら、彼は神のためにその行為をし、公正なる報酬を受け取った。 そして、今後も受け取りっづけるであろう。

95.質問:その仕事や職業を行うために必要な商売の場所の認定に関して。それはホゴゴラの対象であるか、それともそれは家財道具として同じ方法で処理されるか?

答え:それらは家財道具と同様に処理される。

96.質問:他人から預った財産を、価値の低落、または損失から守るために現金またはその他の資産と交換することに関して。

答 え:価値の低落または損失から守るために預った財産の交換に関する文書での問い合せについて述べると、そのような交換は、代りになるものの価値が同等であ るという条件のもとで容認される。まことに汝らの主は解説者、全知者であり給う。また彼はまことに、日の老いたる者であり給う。

97.冬と夏の間の足の洗浄について
答え:夏冬共に同じである。温かい湯が好ましいが、冷たい水でも構わない。
98.質問:離婚に関する更なる質問

答 え:神一一その栄光は永遠なり一一は離婚を好まれないので、この問題に関しては何も啓示されていない。しかしながら、別居の始まりから一年が終わるまで二 人またはそれ以上の人が証人として報告を受けていなければならない。もし最後まで和解がなければ、離婚となる。このことは正義院の信託者から任命されたそ の市の宗教上の司法役員によって記録されなければならない。理解力を備えた心の持ち主が悲しまないように、この手順に従うことは不可欠なことである。

99.質問:協議について

答 え:最初に集まった人たちの間の協議が不一致に終わった場合、新しい人々が加えられ、その後に最大名の数、またはそれより少数か、それを越える数の人々が くじで選ばれよう。そこで協議が再開され、その結果が如何なるものであれ、それに従わねばならない。まだ不一致があるときは、再度同じ手順を繰り返し、多 数決で決められよう。まことに彼は望む人を正しい道に導き給う。

100.質問:遺産に関して

答 え:遺産に関して、最初の点なる御方一一彼以外のすべての人々の魂が彼のために捧げられんことを一一が定めたことは十分に満足のいくことである。生存中の 相続人は自分に配分された遺産の分け前を受け取り、その残りに関する報告書を最も高遠なる御方の宮居に提出せねばならない。彼は望みのままに定め給う。こ れに関して神秘の国(アドリアノープル)である法律が啓示された。それは、正義院が設立されてこれに関する政令が発布される時が来るまで、不在の相続人の 遺産は現存する相続人に一時的に与えられるという法律であった。しかしながら、古来の美と同じ年に移住した人たちの遺産はその者らの相続人に与えられた。 これは彼らに授けられた神の恩寵である。

101.質間:発見された宝について

答 え:宝が発見された時は、その3分の1の権利は発見者にあり、他の3分の2は正義院の紳士たちによってすべての人民の福利のために用いられるべきである。 これは正義院の設立後に実施されるであろう。それまでは、各地域と領土に在住する信頼できる人々に託されるであろう。まことに彼は、支配者、制定者、全知 者、すべてを知る御方であり給う。

102.質間:利益を生み出さない不動産に対するホグクについて

答え:神の規定は、そこから何の利益を上げることのない、収入をもたらさない不動産はホグクを払うには値しないということである。まことに彼は、統治者、寛大なる御方である。

103.質問:次の聖句に関して。「昼間や夜が長くなる地域では、時計やその他の時間の経過を示す手段で祈りの時間を合せよ。…」

答え:この意味は、遠隔地の領土を意味する。しかしながら、このあたりの気候では、昼夜の長さは2、3時間違うだけである。従って、この規定は当てはまらない。

104.アバ・バディヘの書簡の中で、この聖句が啓示された。「まことにわれは、すべての息子に自分の父に仕えるように課した。」これこそ、わが聖なる書に記された制定である。

105. また、他の書簡の中で次の高遠なる言葉が啓示された。「おおモハメッドよ。日の老いたる者は、その御顔を汝に向け給うた。そして、汝のことを述べ、神の人 々に彼らの子供たちを教育するように勧告し給うた。父親が、永遠の王のペンによってケタベ・アグダスに書かれたこの最も重要な命令を怠るならば、彼は父親 としての権利を失い、神の面前で有罪と見なされるであろう。主の戒めを心に銘記し、それらにしっかりと縋る者は幸いである。まことに、神はしもべらに、彼 らを助け、彼らの利益になり、彼らを神に近づけるようなものを課し給うのである。彼は制定者であり、永遠なる方であり給う。

106. 彼は神なり。彼は高遠に在し、尊厳と威力の主であり給う。予言者と選ばれた御方はすべて、唯一真の神一一その栄光に賛美あれ一一に、人間存在の木を高潔さ と理解の生きた水で養育するように委任されてきた。それにより、人間の中から神がその内奥の本質に託し給うたものが現れるように。容易に見られるように、 各々の木は何らかの果実を生み出し、実を結ばない木は燃やすことしかできない。これらの聖なる教育者が語り、説いたことのすべての目的は、人間の高遠なる 地位を維持することであった。神の日に、神の教えをしっかりと握りしめ、その真実で基本的な法律から逸脱しなかった者は幸いである。人間の生命の木に最も ふさわしい果実は、信頼に値することと敬神、真実性と誠実である。しかし、神の唯一性一一彼に賛美と栄光あれ一一を認めることに次いで、何よりも重要なこ とは両親に対して示されるべき当然の権利を顧慮することである。この教えは神の書のすべてに述べられてきた。そして最も高遠なる者のペンによって再確認さ れた。慈悲深き主が、コーランに啓示されたことを考えよ。彼の言葉は高遠なり。「神を崇拝せよ。彼に対等者も類似者も結びつけるな。そして汝らの両親に親 切と慈愛を示せ…・」。両親に対する慈愛が、いかに唯一真の神を認めることに結びついてきたかを見よ。真の英知と理解を付与された者ら、神が以前の聖典と この比類なき驚くべき書簡に啓示されたことを見て、感知する者ら、読んで理解する者ら、守る者らは幸いである。

107.彼一一その言葉は高遠なり一一は書簡の一つの中でこう啓示された。ザカートに関しては、われは汝らがコーランに啓示されたことに従うことを命じた。


Table of Contents: Albanian :Arabic :Belarusian :Bulgarian :Chinese_Simplified :Chinese_Traditional :Danish :Dutch :English :French :German :Hungarian :Italian :Japanese :Korean :Latvian :Norwegian :Persian :Polish :Portuguese :Romanian :Russian :Spanish :Swedish :Turkish :Ukrainian :