Announcing: BahaiPrayers.net


More Books by Kitab-i-Aqdas

Glossary
Introduction
Main Text
Notes
Questions and Answers
Supplementary Tablets
Synopsis & Codification
「アグダスの書」 - 注釈
「アグダスの書」 - 質疑応答
「アグダスの書」
Free Interfaith Software

Web - Windows - iPhone








Kitab-i-Aqdas : Introduction
ケタベ・アグダス
バハオラ
はじめに
バハイ信教の守護者ショーギ・エフェンデイは、ケタベ・アグダスの翻訳の重要
な前身としての「概要と体系化」を彼の十年計画のゴールの一つに導入し、
1953年、自らそれに着手された。しかし1957年、彼の逝去の時までには
完成されなかった。その作業は継続され、1973年ついに完成し、発行に至っ
た。その時の出版には、「概要と体系化」とその解説・注釈、そしてショーギ・
エフニンデイがすでに翻訳して、様々な本に出していたケタベ・アグダスの本文
からの編纂が含まれていた。「概要と体系化」には、ケタベ・アグダスとその補
足をなす「質疑と応答」が包含されている。1986年、万国正義院は、「最も
聖なる書」全体の英語訳が可能であるばかりでなく、必要な時期が来たと判断
し、その完成を6年計画(1986-1992年)のゴールと定めた。その他の
言語での出版は英訳版出版の後に続くことになる。
ケタベ・アグダスは聖典であるため、学術書にあるような脚注や索引番号で煩雑
にされることなく、分かりやすく、しかも感動的な形で提示すべきであるという
ことを前提とした。しかしながら、文の流れやそのテーマの変化に読者が容易に
ついていけるように段落をつけた。通常アラビア語の著作には段落はない。さら
に、見分けや索引をしやすいように、また今後出版される言語のすべてに統一し
た参照ができるように、これらの段落に番号をつけた。
アグダスの本文の後には、「最も聖なる書」の補足であるバハオラの書からの短
い編纂と、この版で初めて出版される「質疑と応答」の翻訳が続く。ショーギ・
エフェンデイは「アグダスの英語訳には豊富な注釈が必要である」と述べておら
れる。注釈はアラビア語のできない読者にとって意味難解と思える点や、様々な
解説や背景、情報を必要とする点について行うという方針で準備された。これら
の注釈はこのような基本的必要に応えるために加えられたものであり、本文の包
括的解説という意図で書かれたものではない。
「概要と体系化」に次いで載せられている注釈には、順に番号がつけられてい
る。注釈の前年は、それぞれそれと関連する文の引用が紹介されており、この文
が出ている段落の番号が付けてある。これは本文と注釈の間の相互参照ができる
ようにするためと、同時に、本文を見ることなく注釈を研究できるようにするた
めである。また、それは読者の持つ多様な背景や関心、そして必要を満たすため
にもなっている。更に、この本の取り扱う全主題を把握し易くするために索引を
つけた。〈この日本語版ではこれを省略している。〉
ケタベ・アグダスの重要性と特徴、またそれが含む主題の範囲は、バハイの歴史
の最初の一世紀を語った「神よぎり給う」という書に、ショーギ・エフェンデイ
が鮮やかに描写されている。読者への参考としてこれらの文を本書の序説の後に
付けた。それが、この聖典の全貌を知るもう一つの助けになるという意味で、
「概要と体系化」は本書にも添付しておいた。
*序説***
今年、バハイ暦149年はバハオラの昇天百年を記念する年である。バハオラは
人類全体を成熟に導くべき、神の普遍的な啓示を携えてきたお方である。バハオ
ラの到来によって放出された和合の力を示すしるしは、このことが、全人類を代
表する大勢の信者らにより記念されたこと、またそれが一世紀半の間に地上の最
も遠隔な地域にでも確立されたことの中に見ることができる。もう一つの証拠
は、現代人がバハオのビジョンの多くの予告をいろいろな場面で経験しているこ
とに見られる。今この時は、バハオラの啓示の母なる書、バハオラの最も聖なる
書、少なくとも一千年は続くと運命づけられた宗教制のためにバハオラが著した
神の法の書の最初にして、権威ある英語訳を発行すべき最良の時期である。
ケタべ・アグダスはバハオラの書物を構成する百冊以上の本の中で、独特の重要
を持つ。バハオラのメッセージの主張と課題は、全世界を新たに作り直すことで
ある。そしてケタベ・アグダスは、バハオラがそれを築くために到来した、未来
世界文明憲章である。その規定は過去の諸宗教が確立した基盤の上にしっかりと
据えられてる。なぜならば、バハオラの言葉によると、これこそは過去におい
て、また未来において永遠な、変わることなき神の信教だからである。過去の概
念はこの啓示におい新しい理解の段階に昇化され、今開けようとしているこの時
代に適した社会的法律が作られた。それは未だその輝きを想像することもできな
い文明世界へと、人類を導く。
ケタベ・アグダスは過去の偉大なる宗教の妥当性を認めるにあたり・それら神聖
なる使者の教えた永遠の真理、神の唯一性、隣人への愛、地上の生活の道徳的目
的を再び述べている。同時に、世界和合の出現と人間社会再建の障壁となる要素
を、過去の宗教的規律の中から一掃している。この宗教制での神の法律は人類家
族の二一ズに応えるものである。ケタベ・アグダスには、特定の人々にあてた法
律もある。それらはかれらにはすぐに理解できるが、異なる文化の人々が最初に
それを読んだときには不可解、ということもある。たとえば、人が人に罪を告白
することを禁止するということについて、これはキリスト背景を持った人々には
理解されるが、他の人々は当惑させられるかも知れない。法律の多くは過去の宗
教制、特に二つの最も最近の宗教制に関連しており、コーランヤンに具現された
モハメッドとバブの法律に関連する。このようにアグダスの法特別に焦点をし
ぼったものであっても、普遍的意味合いをもつ。その法律を通しバハオラは、世
界の諸民族が到達すべき知識と行動の新しい水準の重要性を徐々に解き明かして
いる。
バハオラは自身の視点を精神的解説で包んでいる。これらの法律が取り扱ってい
るものはすべて、人類社会に平穏をもたらし、人間の行動の基準を高め、人間の
範囲を広げ、個々人の生活を精神化するという原則を示すものであるというここ
とを読者に訴えている。本書は全体を通して、宗教法の究極の目的は個々の魂の
神に対する関係と、精神的運命の実現であるということを示している。バハオラ
いわく、「我が単なる法典を汝らに示したと思うな。いやむしろ、われは強大と
力の指もて、抜きの美酒の封を切ったのである」。バハオラの法律の書は、「全
ての人々へ重要な証言であり、天と地に住む全ての人々に対する慈悲深き御方の
証明である」。ケタべ・アグダスに明かされている精神的次元への誘いは、バハ
オラがそうあるべく啓示された法律のシステムに付帯する解釈、および立法制度
から切り離してしまうと目的を達成することができない。この指導書の基盤に
は、バハオラの書物一一アグダスの本文自体一一が彼の長男アブドル・バハに付
与したユニークな役割が存在するこのユニークな人物は父親が説いた生き方の模
範者であると同時に、神により霊感を受けた、バハオラの教えの権威ある解釈者
であり、バハイ啓示の著者が彼を認める者すべてと交わした聖約の中心であり、
枢軸なのである。アブドル・バハは29年にわたる使命期間に、父親の目的につ
いて理解するための多角的な展望を繰り広げる輝かしい解説をバハイ世界に与えた。
アブドル・バハはその「遺訓」を通じて、大業の守護者と誤ることのない教えの
解釈者の権威を自分の長孫であるショーギ・エフェンデイに継承させた。また、
聖典に明確に啓示されていない全ての事柄に関して、バハオラが定められた権限
と聖なる導の保証を、万国正義院に対して確認している。このように、守護者制
と万国正義院、バハオラとアブドル・バハに続く一対の後継者として見なすこと
ができる、とシ一ギ・エフェンデイは述べている。守護者制と万国正義院はケタ
ベ・アグダスにおいて創始され予期された行政秩序であり、アブドル・バハがそ
の「遺訓」に詳しく解された行政秩序の最高の機構である。
ショーギ・エフェンデイは36年の使命期間中に、選出された精神行政会一一ケ
タベ・アグダスでは正義院として言及されており、現在は胎児期にある一一の構
造を建ての行政会の協力を得て、信教を世界中に広めるためにアブドル・バハが
規定した「聖なる計画」の体系的実行を開始した。更に守護者は、こうして確立
された強力な政的構造の基盤に立って、万国正義院選出のために必要不可欠な構
成部分を作りだす準備を開始した。世界中の成人バハオにより三段階を経て無記
名投票、最高得票方津で選出される万国正義院の機関は、1963年の4月に誕
生した。万国正義院の機能を定義する枠組みとその基盤を構成するものは、バハ
オラの啓示された言葉と聖約の中と大業の守護者の解釈や解説にある。
注意深く調べると、法律そのものに関しては三つの分野に及ぶことが分かる。そ
れらは個人の神に対する関係と、個人を直接益する肉体的・精神的事柄と、人間
同志及び個人と社会の間の関係であり、次のような見出しのもとに分けられる。
すなわち、祈りと断食、結婚・離婚・相続など個人の身分に関する法律、その他
の法律、禁止令、告、及び過去の宗教制の特定の法律や法令の廃止である。これ
らの法律の顕著な特はその簡潔性にある。これらの法律は来るべき何世紀もの間
に制定されると予想さる膨大な法律の中核をなす。このような法律の拡充は、バ
ハオラ自身の主張によって付与された権限の下に万国正義院が実施する。アブド
ル・バハはこの原則について身の著した書簡で以下のように述べている。
神の法の基盤をなすもので主に重要な事柄は原典に明確に記されているが、補助
的な法律については正義院に委託されている。このことの英知は、時代は常に同
じではないということである。変化はこの世と、時と空間に必要な特質であり、
本質的な属性である。故に、正義院はそれに応じて行動するで簡潔に言うと、こ
れが社会の法を正義院に委託することの英知である。イスラム教においても、同
様に全ての法令が啓示されていた訳ではなかった。いや、十分の一の十分の一で
さえも、原典に含まれてはいなかった。主要な事柄は全て、言及され、特定され
ていたが、特記されていない法が何千もあったということは疑う余地もない。こ
れらはイスラムの法律学の原則に応じて、後の時代の神学者らにより考案された
ものである。そして、個々の神学者らは原典に啓示された法令から、それぞれ異
なった結論を導き出した。それらは全て施行された。今日、このプロセスは正義
院の権限である。そして、正義院によって承認されない限り、一学者の演繹や結
論には何の権限もない。その違いは次の通りである。万国正義院のメンバーは世
界中のバハイ共同体によって選出され、皆に知られる。このようにして選ばれた
正義院の結論と、承認によっていかなる意見の相違も生じ得ないのである。一神
学者や聖職者らの結論は結局意見の相違につながり、分派が生じ、分裂し、分散
される。言葉の一体性は破壊され、信教の統一性は消滅し、神の信教の建物は揺
らいでしまう。
万国正義院には、状況が変化するにつれて自らが制定した法律を変えたり廃止し
たりする権限が明確に与えられている。こうして、バハイ法に柔軟性という不司
欠な要素が与えられているが、聖なる原典に明確に規定されている法律について
はいずれも、廃止したり変更したりすることはできない。アグダスのいくつかの
法が想定している社会は、徐々に現れるものでしかなく、のためバハオラはバハ
イ法の段階的な適用を規定した。
まことに、神の法は大洋のごときもので、人の子らは魚に例えられる。彼らそれ
を知り得るならば。しかし、法律を守るにあたって英知をもたねばならな
い....。大抵の者は弱いので神の目的からかけ離れている故に、人は全ての
状況において英知と慎重さをもたねばならない。それにより、混乱や衝突を引き
起こしたり、不注意なる者らの間に動揺を起こさせたりするようなことが何も起
こらないようにするためである。まことに、神の恩恵は全宇宙に勝り、神の賜は
地上に住む全ての者を包囲した人は人類を愛と寛容の璽神で真の理解の大海へ導
かねばならない。ケタベ・アグダス自体、神の愛情ある摂理への雄弁な証言なの
である。
法の段階的適用を規定する原則については、1935年、守護者の代理がある全
行政会へ宛てた手紙の中に解説されている。
バハオラによってアグダスに示された法は、実施可能な場合、そしてその国の法
律に直接抵触しない限り、常時、西洋でも東洋でも、すべての信者及びバハイ機
構にとって完全に義務的なものです。いくつかの....法は、全者に対し、現
時点で一般的、基本的に適用されると見なされるべきです。あるものは、今日広
まっている混乱状態の中から出現すると運命づけられた会を予期して規定されて
います....。バハオラがすでに規定している法の用において生じる詳細事や
二次的課題に加えて、アグダスで規定されていい事柄は、万国正義院によって規
定されねばなりません。この機関はバハオラが既に規定していることに関して、
それを補足はできますが、その規定をほんの少しでも無効にしたり、修正したり
することはできません。守護者もまた、それほどまでに根本的で神聖なる聖典の
規定内容の効力を弱めたり、ましてやそれらを廃止するような権利は一切有しま
せん。
この翻訳文の発行によって、バハイがその遵守を義務付けられる法の数が増える
ことはない。期が熟していると判断されたときには、どの法が新たに信者に適用
されるバハイ共同体は知らされ、それに必要な指導や補足的な法が提供される。
ケタベ・アグダスの法は一般に簡潔に述べられている。この簡潔性の一例とし
て、多くの法が男性のみに適用されるかのように見えるという点があげられる。
守護者にと、バハオラが男性から女性への方向について法を定めているとき、文
脈上不可ない限り、それは必要な変更を加えて、女性から男性への方向にもあて
はめられる。たとえば、アグダスでは男性に対して父親の妻(つまり義母)との
結婚を禁止しているが、守護者は女性も同様にその義父との結婚を禁止されてい
ると指摘している。ような法の理解は、男女の平等という根本的なバハイの原則
から見て非常に深遠な意味を有す。聖なる原典を研究する際はこのことを念頭に
おかねばならない。いくつかの特徴や機能において、男女が互いに異なるのは避
けられない自然の事実であり、ことが社会生活において互いに補足的役割を果た
すことを可能にする。男女の平等は些細な部分を除き、この宗教制において、十
分かつ明確に確立された、とアブド・バハが述べていることは重要である。
ケタベ・アグダスと以前の宗教制の聖なる書との密接な関係についてはすでに言
及した。特に、バブが示した法の書、バヤンとは近い関係にある。この関係につ
いては、守護者の代理による手紙から抜粋した次の言葉に解説されている。
バハイ啓示の統一性はバブの信教を包括する一つの完全な総体として見なされる
べきであると、ショーギ・エフェンデイは感じておられます....。バブの信
教はバハオラの信教から切り離されるべきではありません。バヤンの歓えは廃止
されアグダスがそれに取って代わりましたが、バブは自身をバハオラの先駆者と
して見なしたが故に、バブの宗教制はバハオラの宗教制と共に一つの体系を成す
ものであり、前者は後者の到来の導入部分にあたると見なすべきです。
バブは自分の法は仮のもので、次の顕示者の承諾に依存すると述べています。こ
のため、バハオラはアグダスの書においてバヤンの法の幾つかを承認、幾つかを
修正、また多くを廃止しているのです。
バブは自身の使命期間のほぼ中間でバヤンを示したが、バハオラもまた、
1873年、つまりテヘランのシア・チャルにおいてご自身の啓示の暗示を受け
て約20年経ってから、ケタベ・アグダスを啓示した。アグダス啓示後もしばら
くの間は、イランの友らにそれを送るのを保留していた、とバハオラはある書簡
で述べている。その後の経過は、ショーギ・エフェンデイが以下に述べるように
展開した。
バハオラはその宗教制の根本的法をケタベ・アグダスに形成した後、自分の使命
が終わりに近づくにつれて、信教の核となる教義や原則の宣言、前に宣言した臭
理の再確認、すでに規定した法の解説や説明、新しい予言や忠告、「最も聖なる
書」の規定の補足などなる補助的な法令を確立する仕事を続けた。一バハオラの
人生の最後まで続いたこれら啓示の内容は、膨大な数の書簡に記録されている。
そのような著作の一つが「質疑と応答」である。これは多くの信者から出された
疑に対するバハオラご自身の応答を、バハオラの著の写字者として最も著名なゼ
イル・モガレビンが編纂したものである。そしてこれはケタベ・アグダスの貴重
な付部分を成している。この種のものでケタベ・アグダスの付則に次いで最も重
要な書は、「ケタベ・アグダス後に著されたバハオラの書簡」という題で
1978年に英語で発行されている。
ケタベ・アグダスが啓示されてから数年後、バハオラはこの原稿の複写のいくク
をイランのバハイに送り、イスラム暦1308年(1890-91年)の晩年に
かけてこの書アラピア語の原典をボンベイで発行する準備をされた。ここで、ケ
タベ・アグダスの英訳の文体について一言説明しておく。バハオラ優れたアラビ
ア語を駆使し、根本原則の説明でアラビア語の持つ意味の正確性を特に要するよ
うな書簡や書の箇所には好んでそれを用いた。しかし、このような言語の選択を
越えて、用いられた文体は崇高で情感豊かで、極めて強い説得力を有している。
とりわけ、その文体を生じさせる背景となった偉大な文学的伝統を知っている者
にとってはそうである。
ショーギ・エフェンデイはこれを英訳するにあたり、原本の意味の正確性を忠気
伝えるような英語の文体、また原典を読むときに起きる顕著な反応の特徴である
課的な敬意の念を抱かせるような英語の文体を探すという課題に直面した。彼が
選んだ表現の形態は、17世紀の聖書翻訳者等が用いたスタイルを思い起こさせ
るものである。これはバハオラのアラピア語の高潔な様態を捕らえる一方、現代
の読者にも読めるような文体である。さらに、原本の要旨と暗示的意味を独特な
霊感を受けて理解しているという点でも、守護者の翻訳は異彩を放っている。
アラビア語と英語は共に豊富な語彙と様々な表現態を有する言語であるが、その
形態は互いに大きく異なる。ケタベ・アグダスのアラビア語は非常な濃縮性と性
とによって特徴づけられている。この種の文体においてはもしそれが明らかに暗
示的意味合いをもつ場合には、そのように述べるべきであるというのが特徴であ
るのことは、文化的・宗教的・文学的背景がアラビア語と全く異なる読者に対し
て問題を提起する。アラビア語では明確な文を英語に直訳すると暖昧になること
もある文のアラビア語で明らかに暗示的要素をもつものは、英訳にもそれを含め
ておくがある。同時に、このプロセスを過度に追求してはならず、原文に不当に
手を加り、その意味を制限したりしないようにすることも非常に重要である。
一方では表現の美と明確性、他方では逐語性という二つのことを調和させるの翻
訳にたずさわる人の持つ難題の一つであり、これが、いくつかの文の翻訳を何練
り直さなければならなかった原因であった。もう一つ別の主要課題はアラビア用
語で、その法的意味が英語の意味と異なる、広範囲の意味を持つ場合である。聖
典の翻訳は明らかに特別の配慮と忠実性を要する。読者が誤って導かれたり、無
意味な議論に引き込まれたりすることのないように、それは重要で、法の書の場
合、最も注意すべきことである。「最も聖なる書」の翻訳は、予想されていたよ
うに、多くの国の専門家との協議を凄する極度に困難な仕事であった。本文の約
三分の一がショーギ・エフェンデイによって翻訳されていたため、残りの翻訳に
は、意味の正確さ、英語としての美しさ、ショ一ギ・エフェンデイが用いた文体
との一致、という三つ特質をもつ努力が必要であった。
今われわれは原本を適切に表現する翻訳が完成したことに満足している。しかし
なら、この訳が内容にさらに光明を投じるような質疑や提案を生じさせるであろ
うことは疑う余地もない。われわれはアグダスのこの翻訳を準備、校閲し、また
注解を作してくれた、いくつかの委員会メンバ一各位の熱心で入念な仕事に深く
感謝している。ケタベ・アグダスのこの最初の英語訳版はバハイ宗教制の母なる
書の光輝をかいみるうえで大いに役立つと、われわれは確信している。
世界はその波潤に富んだ歴史で、いまだかって経験したこともないほどの根本的
変の時代のまっ暗闇の中にある。人種や国籍や宗教を問わず、世界の諸民族はそ
の副的な忠誠心や限られたアイデンティティーのすべてを地球という一故国の市
民としの一体性に服従させるという課題をつきつけられている。人類の統合が
しっかりと立されない限り、またそうなるまでは人類の安寧、その平穏と安全は
達成されないバハオラは言う。われわれはケタベ・アグダスのこの英語版発行
が、世界の再建へ展望を示すこれら普遍的ビジョンの実現に新たな拍車をかける
よう願って止まない。
万国正義院
*ケタベ・アグダスに関する***
*ショーギ・エフェンデイの描写*
バハイ信教の最初の一世紀を記した歴史書、「神よぎり給う」よりの抜粋
ケタベ・アグダスの制定の独自性と壮大さに比べれば、バハオラの宣布はその前
奏曲にしかすぎない。つまりケタベ・アグダスは、その著者の創造力のより強大
な放出であり、彼の使命期間中の最も中心的な行為といえる。ケタベ・アグダス
は、ケタべ・イガンで暗示され、また、預言者イザヤによって予期された法の主
要な宝庫であるまた、その同じ法は黙示録の著者が新しい天と新しい地、神の幕
屋、聖なる都、花檀神から下ってきた新しいエルサレム、と描写していたもので
ある。そして、この「最も聖なる書」一一それが規定しているものは、少なくと
も一千年は侵されることなくまたそのシステムは全地球を包括する一一は、バハ
オラの英知から流出した最も母かしい放出物として、バハオラの宗教制の母なる
書として、そして彼の新しい世界秩序の憲章として見なされるものである。
それはバハオラがウデイ・カンマールの家に移されてから間もなく(1873年
頃)彼が敵やバハイ信教の信奉者らの犯した行為よって様々な苦難に苛まれてい
た時に示されたのであった。
この書はバハオラの啓示の貴重な宝物が納められた宝庫であこの書にはそれが教
える原則、それが定める行政機構、その著者が指名した後継者に付与する機能が
規定されているが故に、世界の聖典の中でも独特で比類なき位置をめるのであ
る。なぜなら旧約聖書やそれ以前に書かれた諸々の聖なる書では、預言者自身が
語った実際の教えは存在せず、福音書でイエス・キリストが語ったとされるいく
つかの言葉にはその信教の業務を司るその後の行政について明確な導きは記され
ていないからである。
コーランでさえも、神の使徒によって形成された法や法令に関しては明確である
出後継者という最も重要な主題については語られていない一一ケタベ・アグダス
はこれらのいかなる書とも異なり、終始一貫してこの宗教制の著者自身により啓
示されたのであり、彼の未来の世界秩序の構造の基盤となる根本的法や法令を後
世の人のために保存しているだけでなく、彼の後継者に付与する解釈者としての
機能に加えて信の統一性と一体性を保護するために必要な一つの機構を定めている。
この著者はその未来世界文明の憲章であるアグダスにおいて、地上の国王らに対
して最も偉大な法を発布した。その著者バハオラは同時に審判者であり、律法制
定者あり、人類の統合者及び救済者であるが、そのバハオラは国王らを自分の従
者とし位置付け、自分は諸々の国王の中の王であると宣言し、自分はこれら国王
の領土をつける意志はまったくないと強調し、人々の心を捕らえ所有する権利は
自分のとして保持するとした。そして、世界の聖職者らに対して、彼らの間に流
布してい基準で神の書を計らぬようにと警告し、聖典自体が人々の間に確立され
た誤ることなき天秤であると断言している。この書を通じてバハオラは正義院の
機構を正式にその諸機能を定義し、その歳入源を定め、そのメンバーらを「正義
の紳士たち」、「神の代理人たち」、「全てに慈悲深き御方の信託人たち」と呼
び、将来の彼のの中心について暗示的に言及し、その聖約の中心に聖なる書の解
釈をする権利を守護者制の機構を暗示し、彼の世界秩序の革命的な影響力につい
て証言し、神の者の最も偉大なる不過誤性の教義について宣言した。更に、その
不過誤性が預言たちに本来備わった、また預言者たちの独占的な権利であること
を断言している。バハオラは少なくとも一千年が経過する前に次の顕示者が出現
する可能性を否定している。
さらに、この聖典においてバハオラは必須の祈りを規定し、断食の時期と期間を
定故人のための祈り以外は集団での祈りの唱和を禁止し、ゲブレを定め、ホゴゴ
ラ度化し、遺産の法を形成し、マシュレゴル・アズカルの機構を定め、十九日毎
のイ一ストやバハイの祭典やうるう日を確立し、聖職者制度を廃止し、奴隷制度
や禁義や物乞いや、修道院制度や儀悔や説教壇の使用、手への接吻を禁止してい
る。また、一夫一婦制を規定し、動物の虐待、怠慢・怠惰、陰口や中傷をとが
め、離婚難し、賭博や阿片、お酒その他酔いを催す飲料の使用を禁止し、殺人や
放火犯罪通や窃盗に対する罰則を指定し、結婚の重要性を強調し、結婚の基本条
件を規定、商いや専門職業に従事することを義務づけ、そのような職業の地位を
崇拝の地位で引き上げ、子供教育のための手段を提供する必要性を強調し、遺言
を書くこと国の政府に厳格に従順であることをあらゆる者に義務づけている。
これらの規定とは別に、バハオラは自らの信奉者らに友情と調和をもって交わる
こと、またいかなる差別もなしに全ての宗教の信奉者らと交わることを勧告して
いる。また、狂信や扇動行為やおごりや論争や闘争から自らを避けるよう忠告し
ている。更に一点の汚点もない清潔さ、正直さ、汚れなき肉体的純潔、信頼性、
もてなしの精神、礼儀、寛容、正義、公平を教え、皆が一つの手の指の如くな
り、一つの身体の是の如くなるように助言し、立ち上がって彼の大業に奉仕する
よう呼びかけ、そうなるならば彼の疑いなき援助があることを保証している。さ
らにバハオラは人間の営0薫常について述べ、真の自由とは彼の命令に服従する
ことであることを宣言し、法令を実行するにあたって放将にならぬよう戒め、神
の啓示の曙を認めることと、啓示の曙が啓示した全ての法を守るという一対の切
り離せぬ義務一一それらは、一方だけでは受け入れられないことを彼は断言して
いる一一について規定している。
アメリカ大陸の共和国の諸大統領らへ宛てた重要な呼びかけ、すなわち神の日に
おいて与えられた機会をつかみ、正義を擁護するようにという呼びかけ、世界共
通の文才と言語を採用するように促す世界中の議会のメンバーらへの勧告、ナポ
レオン三世の征服者であるウイリアムー世への警告、オーストリア皇帝、フラン
ツ・ヨセフに対する叱責、ライン川の河畔にあてて書いた彼の頓呼法によるベル
リンの嘆きの声への言及、コンスタンチノープルに確立された残虐の座に対する
非難、及びその都市の外的光輝の消滅と、その住人らを襲うべく運命づけられた
苦難に関するバハオラの予告、神が彼の生まれ故郷を全人類の喜びの源として選
ばれたことをその都市に確信させるべくその都市へ向けられた彼の激励と慰めの
言葉、ホラサンの英雄達の声が彼らの主の賛美という形であげられるという予
言、彼のことを述べるために大いなる勇気を授けられた男達がゲルマンに現れる
という断言、そして最後にバハオラをそれほどまでに苦しめた不実な弟に対する
彼の寛大な保証の言葉一一もし悔い改めさえすれば、常に許したまい、全てに恩
寵深き神がその不正行為を許したまうであろう一一これらの言棄は、その著者が
真の喜びの源、誤ることなき秤、真っ直ぐな道、人類を蘇生させるものと呼んだ
この聖典の内容を、さらに豊かなものにするのである。
この聖典の主なテーマを構成する法や法令について、バハオラはさらに次のよう
特徴づけている一一全創造物への生命の息吹、最も強大なる要塞、彼の樹の果
実、界における秩序とその諸民族の安全を維持するための最高の手段、彼の英知
と愛情ある摂理のランプ、彼の衣の甘美な香り、そして創造物に対する彼の「慈
悲の鍵」と「この書は、われがわが命令と禁止という星をもって飾らた天であ
る」とバハオラ自ら証言している。さらに「それを読み、力の主であり全能者で
ある神によってそれに下された聖句について熟考する者は幸いなり。言挙げよ、
おお、人々よ。忍従のもてそれを手にするが良い....。わが生命にかけて。
それは人々の理性を驚嘆させ方法で下されたのである。まことに、それは全人類
に対するわが最も重要なる証言あり、天と地にある全てのものに対する慈悲深き
御方の証拠である。」と述べ、「の甘味を味わう口蓋、そこに秘められているも
のを認識する感知力ある眼、そしてその暗示的意味と神秘を理解する理解力ある
心は幸いなり。神にかけて。そこに書きされているものの威厳はあまりにも高
く、また暗幕に包まれたままそこに暗示的に示されているものの意義は極めて広
大であるため、その内容の描写を試みるとき、言の腰は震えてしまうのであ
る。」とも述べている。
そして最後に、ケタベ・アグダスは、神により定められた全ての宗教制を引きつ
け包括するほどの方式で啓示された。それを精読する者らは幸いなり。それを理
解す者らは幸いなり。それについて瞑想する者らは幸いなり。その意味について
熟考する者らは幸いなり。その範囲はあまりにも広大であるため、人類がそのこ
とに気付くにそれは彼らを覆い包んだのである。やがてその最高の力と浸透する
影響力とその強大な偉大さは地上に現わされるであろう」と述べているのである。
1

Table of Contents: Albanian :Arabic :Belarusian :Bulgarian :Chinese_Simplified :Chinese_Traditional :Danish :Dutch :English :French :German :Hungarian :Italian :Japanese :Korean :Latvian :Norwegian :Persian :Polish :Portuguese :Romanian :Russian :Spanish :Swedish :Turkish :Ukrainian :